So-net無料ブログ作成
佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」 ブログトップ

佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」 [佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」]

佐々木監督「五輪への自動出場枠が欲しいくらい(笑)」

決勝のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた海堀(左)、大会MVPの澤(中央)、

佐々木監督。

チーム一丸となって偉業を成し遂げた【Getty Images】 ゲーム内容を細かく言うと、反省する部分が多いです。

堅くなって、自分たちのサッカーができませんでした。

米国はボールポゼッショしながら迫力ある攻撃を繰り広げてきて、いつも通り素晴らしいチームでした。

対する日本は集中力を持ってゴールを守り、しぶとく耐えました。

ファイナルという舞台を経験するのは、みんな初めてのことです。

耐えて、耐えて、ワールドカップ(W杯)を手にすることができました。
 
なでしこジャパンは日本中の皆さんからパワーをもらい、そのおかげで耐えることができました。

忍耐力で勝ち取った優勝だと思います。日本の皆さん、ありがとうございました。

選手にもありがとうと言いたいです。

――準決勝からの3日間、選手たちの気持ちは?

 ボールを動かすサッカーをすれば「いける」と思って臨みました。

ですが、序盤の相手のプレス、勢いに臆するところも相まって、ボールを動かせませんでした。

立ち上がりはベンチも「動かせ、動かせ」という指示で精いっぱいでした。

その後、流れが変わって少し落ち着きましたが、米国の鋭いクロスやポゼッション、

プレッシングは素晴らしかったと思います。

みんなの粘りで勝ち取ったチャンピオンの座ではありますが、同時に、未熟なところも確認できました。

その課題に取り組んでロンドン五輪に向けて頑張りたいと思います。

――PK戦のプレッシャーに勝てた要因は?

 プレッシャーはわれわれにもあったけれど、米国の方にこそあったと思います。米国は先制点を含め、2度勝ち越しておきながらPK戦を戦うことになったのですから。だからPK戦はある意味、日本の方が楽に臨めたんじゃないかと思います。


――澤選手は今後もプレーを続けるのか?

 海外のメディアの方は、澤がこの大会で有終の美を飾るとお考えのようですが、そんなことはありません。ご覧いただいた通り、走ってよし、守備をしてよし、攻撃してよし。こんな選手はまだ引退の域にありません。まだ十分やれる。来年もまた、世界の舞台に立たせてあげたい選手です。

――監督は「日本の国民のために勝つことが大切だ」と言っていた。優勝はどんな意味がある?

 優勝は日本の皆さんによる熱い声援のおかげと感謝しています。わたしたちは皆さんからパワーをもらいました。団結することの大切さを教えていただきました。まだまだ力不足でしたが、決勝の舞台に立たせてもらって、チャンピオンにまでさせてもらった。日本の皆さんに感謝します。また、ドイツはW杯開催国として素晴らしかったと思います。サッカー大国だけあって、いつも満員、大声援。ドイツ国民からもパワーをいただいたと思っています。

――なでしこジャパンが優勝したということで、日本のテクニカルかつ走るサッカーが、今後の女子サッカーの世界標準になると思うか?

 そのようなサッカーを志向しているのは、日本だけではありません。米国はパワーとスピードだけじゃなく、技術もありました。フランスも素晴らしかった。ドイツも地元というプレッシャーがなければ、もっと技術を発揮できたと思います。女子サッカーはクリエーティブになってきて、競技人口も増えてきています。日本人は体格で勝てていないので、こういうサッカーをやらないといけない。国の特徴を生かさなければいけないが、今や世界中が戦術的、技術的にしっかりしたサッカーをやるようになってきたと今大会で実感しました。

――日本に帰ったら、国民と喜びを分かち合いたいか?

 日本の女子サッカーは次の週末からリーグ戦(なでしこリーグ)が再開します。ぜひ、彼女たちの勇姿を見にきていただきたいです。また、9月1日からはロンドン五輪のアジア予選に出場します。今日の喜びをしっかりかみしめながら、おごることなく、五輪予選に臨みたいです。W杯で優勝したんだから、五輪への自動出場枠が欲しいくらいですが(笑)、そうもいかないみたいなので予選を頑張ります。はい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
佐々木監督「粘りで勝ち取ったチャンピオンの座」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。